今回はマクドナルドでQRコード支払いは使えるのか?ということについて解説していきます。

結論を先に書いてしまうと「基本的には使えない」ということになるのですがちょっとした裏技を使うとQRコード支払いシステムも一部利用することが可能。

今回はその辺りを解説していきます。

マクドナルドのQRコード支払いシステムの利用は可能(メルペイ、LINEペイ)

QR支払いシステム 利用可能かどうか?
メルペイ 可能:iD連携
LINEペイ 可能:クイックペイ連携
(静岡の一部店舗で利用可)
PayPay(ペイペイ) 基本的に不可
オリガミペイ 基本的に不可
楽天ペイ 基本的に不可
d払い 基本的に不可

先にも紹介したようにマクドナルドではQRコード支払いの直接利用はできません(一部、静岡の店舗でLineペイが使えるという情報もあります)。

ただし電子マネーの利用は可能。

電子マネーと言えばiD、楽天Edy、クイックペイ、交通系電子マネーといったところが有名ですが、マクドナルドではそれらの電子マネーの利用が可能です。

そしてQRコード支払いのメルペイはiD、Lineペイはクイックペイと連携させることができるので非接触式支払い(iD支払いやクイックペイ)に対応しているスマホならばメルペイでもマクドナルドの支払いが可能です。

あと楽天Edyが使えるならば楽天ペイもいけると思われるかもしれませんが楽天Edyと楽天ペイは連携できません。

よってマクドナルドでQRコード支払いに対応しているのはメルペイのみと言えます(iD支払いのできるスマホのみ)

積極的にメルペイ、LINEペイを利用していきましょう。特にメルペイはかなりお得に利用できます。その方法を次に解説していきます。

 

 

メルペイはかなりおすすめ(満足度NO1)

実はメルペイはかなりおすすめなQRコード支払い方法になります。何とQRコード支払いの中で満足度NO1という触れ込みも。

その理由は入会キャンペーンやクーポンの充実です。それについて以下にまとめていきますね。

 

メルペイは入会キャンペーンがあってお得

メルペイはマクドナルドでも利用可能。

しかもメルペイには今なら1000ポイントもらえる入会キャンペーンがあります。

招待コード「KCKDNP」を入力して本人確認を完了すると1,000円分ポイントがもらえます(期限は不明、現在でもやっているかどうかは以下のリンク先で確認ください。いつまでかは分からないので早めの登録がおすすめ)。

登録はこちら⇒メルペイ

すなわち1000円分の商品を購入できるのです!

マックで1000円分の買い物をすることも可能。実質無料でマクドナルドを食べることもできますね。

(2019年12月3日から2020年1月7日はメルペイスマート払いで更に2000ポイント、2019年12月9日から2020年1月9日は「あけおメルクリ」キャンペーンもあって更にお得。最新情報は上記リンク先で確認ください)

個人的にはキャンペーンやっているうちに利用開始することをおすすめします。他のQRコード支払いシステム会社では最初同じようなキャンペーンをやっていましたが最近の入会キャンペーンは寂しくなっています。クーポンも少しずつ寂しくなっている傾向です。

 

マクドナルドでの利用での問題

ただし、先にも書いたようにマクドナルドでは電子マネーのiD支払いには対応していますがQRコード支払いには対応していません。iD支払いに対応していないスマホだとマクドナルドでの支払いはできません。

その場合、もらったポイントはコンビニなどでQRコード支払いで使うといいでしょう。セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート、ミニストップなどでメルペイのQRコード支払いは利用可能です。

それ以外にもメルペイQRコード支払いは吉野家、松屋といった牛丼屋、エディオン、ケーズデンキなどの電気屋さん、マツモトキヨシ、Vドラッグなどのドラッグストアでの支払いにも対応しています。

 

メルペイはクーポン多数

更にメルペイは多数のクーポンがあります。

私は松屋の200円クーポンを何度か使いました。それ以外にもVドラッグでの200円引きや15%OFF、セブンイレブンでの100円引き×4などクーポンが続々登場(マクドナルドでも何かあったかと)。

今後のクーポンは何とも言えませんがクーポンの豊富さはQRコード支払いの中でも随一。お得な支払い方法の1つとして考えておくといいでしょう。

(2019年12月時点ではほっともっと100円引きクーポンがあります。抽選で当たるクーポンですが当選確率は高い)

 

メルカリでマクドナルド無料クーポン販売も

あとメルペイはメルカリと連携しています(アプリが同じ)。マクドナルド無料クーポンなどを格安で販売している場合もあるので注目するといいでしょう。

メルカリ独自のキャンペーンで更に割安で購入できることも多いのでメルカリのキャンペーンも要チェックです。

 

その他、QRコード支払い(PayPay(ペイペイ)、オリガミペイなど)

2019年12月現在、マクドナルドではその他のQRコード支払いには対応していません。

しかしながらマクドナルドがQRコード支払いに対応する可能性はあるでしょう。バーコードを読み取る設備はマクドナルドにあるのであとはシステム的な問題さえ解決すればいけるかと。

また、QRコード支払いが電子マネーと連携するなどして支払いの選択肢に入ってくる可能性もあります。

キャッシュレス時代突入ということでどの支払い方法がお得なのかしっかりとチェックしておきましょう!

 

まとめ

2019年12月現在ではマクドナルドにおいてQRコード支払いシステムは対応していません(一部静岡の店舗ではLineペイ対応)。

しかしながら電子マネーには対応しているのでメルペイはiD、LINEペイはクイックペイと連携することでQRコードシステムでの支払いが可能です(iDやクイックペイ支払い対応携帯のみ)。

その中でも特にメルペイは入会キャンペーンがお得なのでおすすめ。あなたも是非、メルペイやLINEペイを上手に使ってくださいね。