マクドナルドでは一部地域(主に都市圏)にて宅配注文ができます。マクドナルドのハンバーガーなどが自宅にいながらにして注文できて食べることができるというのは嬉しすぎます。

ただし宅配には問題点があります。それはマクドナルドの値段が高いということ。宅配用の値段が設定されており更に配送料が必要となります。

よってマクドナルドの宅配は値段重視の人には向きません。

しかしながら、そんな問題点を克服する方法が出てきました。それはUber Eats(ウーバーイーツ)というフードデリバリーサービスのクーポンになります。

期限は2019年12月31日(火)となっていますが数量限定でなくなり次第終了、気になる人は早めに使うことをおすすめします。

あと、使い方が少しややこしいので、今回はそのUber Eats(ウーバーイーツ)クーポンの情報や利用方法についてまとめます。

  • Uber Eats(ウーバーイーツ)について(特徴など)
  • Uber Eats(ウーバーイーツ)の初回限定1000円クーポンの利用方法
  • マクドナルドの宅配のメリット、デメリットなど(価格関連)
  • 更にお得にUber Eats(ウーバーイーツ)を利用する方法(?)

およそ上記の順番でまとめていきます。少しずつ下がって確認ください。


スポンサーリンク


Uber Eats(ウーバーイーツ)について

Uber Eats(ウーバーイーツ)は配達注文サービスを提供している会社と考えてください。海外から入ってきたサービス。

日本だと出前館とかdデリバリー、楽天デリバリーなどが有名ですが基本的にはそれらの宅配サービスと同じようなものと考えてください。

大きく違うのは最低注文料金の設定が無いこと、そして配達時間が他のサービスと比べて早いことでしょう(近くで配達員登録している人が配達してくれる)。

今回はそんなUber Eats(ウーバーイーツ)をお得に利用する方法についてまとめます。

うまくUber Eats(ウーバーイーツ)のクーポンを利用すれば実質無料とか実質半額ぐらいで注文できるかも?しっかりとチェックしてくださいね。

 

Uber Eats(ウーバーイーツ)の初回限定1000円クーポンの利用方法

それではUber Eats(ウーバーイーツ)の初回限定1000円クーポンの利用方法についてまとめていきます。クーポンコードは「ins6j112u」になります。

このコードを以下の方法で入力すればUber Eats(ウーバーイーツ)で2019年12月31日まで使える初回1000円割引クーポンがもらえます(数量限定なので欲しい人は急いで)

それではUber Eats(ウーバーイーツ)の初回限定1000円クーポンの入手方法について詳細をまとめていきますね。

 

Uber Eats(ウーバーイーツ)アプリのインストールと登録

ウーバーイーツのイメージ

「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の招待コードを入手するために、まずはUber Eatsのアプリをダウンロードしてください。

Uber Eats(Android)

Uber Eats(iPhone)

あとは手順に沿って登録してください。

(Uber Eats(ウーバーイーツ)の登録、注文はパソコンやスマホサイトからでも可能です⇒Uber Eats フード注文

 

Uber Eats(ウーバーイーツ)のプロモーションコードの入力で初回注文1000円引き

Uber Eats(ウーバーイーツ)にてプロモーションコード「ins6j112u」を入力して、初回注文すれば1000円の割引になります。

ただし、この初回注文1000円引きクーポンは期間限定というだけでなく数量限定です。クーポン適用したい人は早めに利用してください。

プロモーションコードの適用手順は以下の通りです。

まずは画面下にある人形アイコンをタップ

ウーバーイーツのプロモーションコード入力0

 

すると以下のように自分の設定画面に移ります。ここで以下の画像の赤枠で囲ってあるプロモーションをタップします。

(以下の画像の少し下にある1000円割引クーポンというのは、メールなどで友だちにUber Eats(ウーバーイーツ)を紹介し、その友達がUber Eats(ウーバーイーツ)を利用することでようやく入手できるクーポンなのでかなり大変です。今回紹介したクーポンコードはそういった手間が必要ありません)

ウーバーイーツのプロモーションコード入力1

 

以下のUber Eats(ウーバーイーツ)のプロモーション画面に移動します。ここで以下の画像の赤枠で囲ってある「プロモーションコードを追加」をタップします(機種によってタップする場所が少し違う)。

ウーバーイーツのプロモーションコード入力2

 

以下のようにプロモーションコードの入力画面に移動するので「ins6j112u」を入力し、少し下の赤枠で囲ってある「プロモーションの追加」をタップしてください。

ウーバーイーツのプロモーションコード入力マクドナルド2019年12月31日まで

 

以下の通りプロモーションコードの初回注文1000円引きクーポンが出てきたらOKです。初回注文時に利用可能です(出てこない場合は先の画面に戻ってもう1回プロモーションをタップしてみてください)。

ウーバーイーツのプロモーションコード入力42

 

これで初回1000円割引クーポンの準備ができました(ただし地域やお店によってはクーポン適用上限金額が設定される場合もあり1000円割引にならない可能性もあります。

あと、この初回限定1000円割引クーポンは2019年12月31日までの期間限定というだけでなく数量限定でもあるので早めに使ってください。

また、次にメリットやデメリットもまとめますが、Uber Eats(ウーバーイーツ)のメリットの1つとして最低注文料金の設定がありません。

よって上手に注文すれば実質無料、実質半額以下での注文もできるかも?

でもデメリットをしっかりとチェックしないと損する可能性もあるのでUber Eats(ウーバーイーツ)のメリット、デメリットはしっかりと確認してください。

 

マクドナルドのUber Eats(ウーバーイーツ)注文のメリット

初回1000円割引でマクドナルドの配達注文が利用できるということでUber Eats(ウーバーイーツ)の利用はかなりおすすめ。ただし以下にまとめたメリット、デメリットもあるのでしっかりとチェックしてください。

 

Uber Eats(ウーバーイーツ)のメリットその1:最低注文金額の設定がない

「Uber Eats(ウーバーイーツ)」は一定の配送手数料は必要になりますが、最低注文金額の設定がありません。

よって単品注文とか1人前の注文とかも可能。

他の宅配サービスでは「1500円以上から注文可能」といった設定がなされていることが多いので(お店にもよりますけどね)、最低注文金額を考えることなく注文できる「Uber Eats(ウーバーイーツ)」は非常に便利です。

特に今回のようなクーポンコードを使う場合はお得、実質無料とか実質半額以下などの注文ができる可能性があります。

 

Uber Eats(ウーバーイーツ)のメリット2:配達時間が短い

ウーバーイーツの宅配時間

「Uber Eats(ウーバーイーツ)」は配達時間が短いというメリットがあります。

「Uber Eats(ウーバーイーツ)」にアクセスしてみると分かりますがほとんどのお店が1時間以内。早いところでは10分とか20分とか配送時間を書いてあるところもあります。

その理由は配達スタッフに配達を任せているからです。近くに配達スタッフがいればすぐにマクドナルドに急行、そのスタップが届けてくれます。

まずはアクセスしてその配達時間を確認してください。他の宅配サービスとは比べ物にならないぐらい配達時間が早い場合が多いです。

Uber Eats フード注文

 

Uber Eats(ウーバーイーツ)のメリットその3:クレジットカード、デビットカード決済が基本

「Uber Eats(ウーバーイーツ)」ではクレジットカードもしくはデビットカードでの決済が可能です。

他の宅配システムでは「決済現金のみ」のお店を登録している場合も多いです。そして、いざ注文しようと思って決済が現金のみとなっていた時はがっかりします。財布の中に細かいお金があるかどうか確認するのが面倒。

クレジットカードだと手持ち現金を確認する必要が無くて楽ちんだしポイント貯まるしいいこと尽くめなんですよね。クレジットカード、デビットカードが使えるUber Eats(ウーバーイーツ)は本当にありがたい。

(Uber Eats(ウーバーイーツ)で現金決済ができない訳ではありません。配達パートナーに現金を渡して商品を受け取る現金決済も可能です)

注)一部の銀行についてはデビットカード決済に対応しない場合もあります

 

Uber Eats(ウーバーイーツ)のメリットその4:配達してくれる人の場所が分かる

「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の特徴の1つとして配達してくれる人のだいたいの場所が分かるというものがあります。

他の宅配システムでは「○○分程度でお届け」みたいな設定になっており「1時間ぐらいかかるかと思ったら30分ぐらいで届けてもらってびっくりした」という経験をした人も多いことでしょう。

まだ届かないと思って家事をしている最中に届いたりとか、まだお茶の準備ができていないとか他の準備ができずに困ったこともあるのでは?

いつ頃届くのか?

Uber Eats(ウーバーイーツ)では配達してくれる人がおよそどのぐらいの位置にいるのか分かり配達時間もある程度予想できます。これはおもしろいシステム。

 

Uber Eats(ウーバーイーツ)のメリットその5:友達招待制度

「Uber Eats(ウーバーイーツ)」は先に紹介した友達招待制度でクーポンもらってお得に注文することが可能

友達のお得になるし、あなたもお得に注文できる「Uber Eats(ウーバーイーツ)」を上手に利用してください。

ただし紹介した友達がUber Eats(ウーバーイーツ)を利用しないとあなたはクーポンもらえません。正直なところこれはなかなか難しい。

友達紹介制度でクーポンを入手することは面倒で難しいのでその点は注意してください。

まずは今回紹介した初回限定クーポンコード「ins6j112u」を利用して注文してください。

 

マクドナルドのUber Eats(ウーバーイーツ)配達注文のデメリットなど

次にデメリットもまとめます。クーポンを使えばかなりのお得ですがデメリットで相殺されては残念なのでしっかりとチェックしておきましょう。

 

Uber Eats(ウーバーイーツ)のデメリットその1:料金が割高になることも多い

ウーバーイーツの宅配料金

Uber Eats(ウーバーイーツ)では配送手数料が必要になるのでトータルの支払金額がどうしても高くなります

他の宅配サービスでは注文金額によって宅配料金が無料になる場合もあるので、基本的に配送手数料が有料のUber Eats(ウーバーイーツ)とは上手に使い分けたいところです。

トップページに配送手数料があるので必ずチェックしてください。また、この配送手数料は時期や時間帯によって変わります。繁盛期の配送手数料は高く設定されているので、ゴールデンウィーク、お盆、年末年始などの時期は特に注意してください。いつもの配送手数料のつもりで注文しようとするとその配送手数料にびっくりする可能性も。

あと、これは他の宅配サービスでも同じですが商品そのものが割高になっていることも多いです。店内飲食よりも値段が高く設定されていることが多いので、お店に出向いての店内飲食と比較して「商品割高+配送手数料」と2重に値段が高くなります。

配達してもらう場合は便利な分、割高なのは仕方がないところです。思い違いがないように、実際に注文前の画面で合計金額を必ずチェックしてください。

(クーポン使えばその割高の分を相殺したり逆にお得にすることも可能な場合が多いです。上手に先に紹介したクーポンコード使ってください)

 

Uber Eats(ウーバーイーツ)のデメリットその2:注文可能な地域が少ない

「Uber Eats(ウーバーイーツ)」は注文可能な地域が少ない

個人的にはこの注文可能な地域が少ないのがUber Eats(ウーバーイーツ)の最大のデメリットです。

東京、神奈川、埼玉、千葉、名古屋、大阪、京都、神戸、福岡などの一部地域のみのサービス(2019年6月現在)。

実は私が住んでいるところも対象外なので友達のところに遊びに行ったり仕事で注文可能地域に行った時にしか利用できません。

便利だけど注文可能地域が少ないというのは寂しい。早く全国に普及してもらいたいところです。

 

マクドナルドの宅配、Uber Eats(ウーバーイーツ)のクーポンで初回1000円割引まとめ

  • Uber Eats(ウーバーイーツ)配達注文の1000円割引クーポンあり(数量限定、期間限定なので注意)
  • 地域によるけどマクドナルドの配達注文も可能
  • Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達注文は早く届くので便利
  • 注文の最低料金の設定もないので少人数の注文にぴったり
  • ただし配送手数料が必要なので合計金額がどうしても高くなる
  • まずはクーポンコード使ってお得に注文しよう!

今回はマクドナルドの配達注文に便利なUber Eats(ウーバーイーツ)についての情報をまとめました。

今なら初回限定1000円割引クーポンコードがあってお得(2019年6月現在)。

2019年12月31日まで使えると聞いていますが数量限定なので早めに使いましょう。

あなたも上手にUber Eats(ウーバーイーツ)の配達注文を利用してお得にマクドナルドを楽しんでくださいね!


スポンサーリンク